ホーム トピック アルバム 留意事項 検索 管理
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File

暗証キー (英数字8文字以内)(あとで修正・削除する場合は要入力)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
Kさん
投稿者:GANBA-SETA 投稿日:2015/08/15(土) 10:09:01 No.6268 [返信]
Kさん、始めまして。
朝会を引き継がれ、いいレポート有難うございます。
納得のできる治療と先生方に巡り会えて良かったですね。

ひげの父さんが尽力されて、運営管理されている、
この「腺友ネット」や「腺友倶楽部」の大きな目的のひとつは、
一人でも多くの罹患者の方が、自分に合った後悔の少ない治療に辿り着けるための、
迷える罹患者の灯台の役目を担っているとことと思います。

Kさんのような投稿を目にしますと、腺友ネットの仲間も投稿のし甲斐があったと、
感じられておられると思います。

外照射も半ばで、もう少しで結願ですね。
頑張ってください。





SANZOKUさん、kimimikiさん、Tedさん
投稿者:野口ひろし 投稿日:2015/08/15(土) 09:45:14 No.6267 [返信]
励まし頂き有難うございます。長らくご無沙汰しておりましたが、皆さんの投稿は興味をもって拝見しておりました。特にSANZOKUさんの詳細な報告は参考になりました。小線源が近づいたらもう一度再読したいと思っています。外照射が通院でないところが残念ですが。通院中の副作用が若干気になっております。
監視療法
投稿者:Ted 投稿日:2015/08/15(土) 09:22:52 No.6266 [返信]
SANZOKUさん
「小線源治療は生検に毛が生えた程度」
なんと心地良いそそられる言葉でしょう。
こんど生検と言われたら、生検しないで小線源治療をすることに決めています。
(kimimikiさんが言っておられた「IMRT治療は 痛くも 痒くもありません」
も好きですが。。。)

「自分はこの病になって気付いたことがあります。。。。。
大分楽になりました。 」
うぅーーーーーん。(言葉出ず)


ひろ爺さん
PRIAS-JAPAN
これですね。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/news/201404/536273.html

http://ganexit.blog91.fc2.com/blog-entry-12429.html

年齢中央値は68歳(45-87歳) なのでちょうど僕くらい。
「PSA監視療法の継続率は、1年では92.3%、2年では66.9%、3年では59.3%」
とあるが僕の場合Yosheeさんが作ってくれたPSA上昇予測が当たりそうで
1年も継続できそうにありません。(泣)
毎日美味しい餌を一杯与えていることだし。


野口ひろしさん
11月に小線源治療とのこと。頑張って良くなって下さいね。
やはり小線源は混んでいるのですね。
もう針生検は嫌だ、小線源だ、先生は誰々だと勝手に決めているのですが、
...(続きを読む)
珈琲サロンは今朝も開店中です
投稿者:K 投稿日:2015/08/14(金) 22:55:45 No.6265 [返信]
初めて投稿いたします。
キットコンディーさんと1週間だけ6F札所にてご一緒させていただいたKです。
現在S医大6F札所にてお世話になり三週目が終了しました。

思えば前立腺ガンと診断され失意の底から這い上がれ今があるのも、O先生の元へと導いていただいた腺友ネットのおかげと心より感謝しています。

毎年少しずつ値が上がってきていたPSAが6となり、生検の結果前立腺がんと診断され、ダビンチ手術での全摘手術の日程も決まっておりましたが、担当医の言葉に何処かしっくりこず、夫婦で探し求めた末、幸運にもO先生にたどり着けました。
O先生には自分のみならず、妻や子にも安堵感をいただき、この先生のもとで頑張ろうと決心するに至った次第です。

昨日は放射線治療の合間のO先生診察でした。O先生より6Fの様子を先輩方に報告しておくようにとお達しがありました( ^ω^ )。

先輩方より引き継いだ朝の珈琲サロンは、現在この世界では「まだまだお若い」と言われる50歳代前半2名で運営しています。キットコンディーさんと退院なさる日にすれ違ったヤマさん以外は直接存じ上げませんが、その意志は引き継がれています。

この珈琲サロンは長い入院生活のアクセントとなって、病気の事だけに留まらず、色々なお話ができるのはこの機会を設けていただいたからに他なりません。また、腺友のみならず、他の病気で入院なさっておられる患者さんたちとも、デイルームで色々なお話をするきっかけとなっています。看護師さんからも、とても闊達な先輩方により珈琲サロンが有意義に運営されていたとお聞きしております。僕はあと2週間で結願を迎えますので、この珈琲サロンの灯を消すことなくうまく引き継げればいいなと思っています。

過日の診察でO先生からは、この病気には再発しない事が担保された治療法を最初の段階から選ぶ事が重要ですと、再度お話をお聞きしました。不確実な治療法を選択させられてしまい、後で辛い思いをしておられる患者さんが沢山いらっしゃる事を憂慮しているとも。色々とご意見はあると思いますが、私に限って言えば、現在ここにいる事を選んだ事は大正解だったと確信しています。

たまたま発見の時期や病期がこの治療法に合致していたという事もあるのですが、O先生の情熱とお人柄にお出会いできた事は何にも増して幸せな事であったと痛感しています。家族共々何よりも心穏やかに過ごす事が叶っています。

放射線治療室へ行く道すがらの小線源治療室では今週もO先生K先生の最強タッグで治療が行われ、腺友がまた一人と救われています。それぞれの分野での最高の技術力のタッグですからこれ以上のものは無いと思います。前立腺癌の治療法を探しておられる方がいらっしゃれば、腺友ネットの前立腺がんガイドブックや掲示板を参考にされた上で、《特にお若い方は》1度はO先生の診察を受けてみられてはと思います 。お節介な発言だったらごめんなさい。

まだお会いしたことはありませんが、この素晴らしいサイトを運営いただいているひげの父さんには心より感謝申し上げます。

病状のことなどはまた折を見て投稿させていただきたく思っています。
希望
投稿者:kimimiki 投稿日:2015/08/14(金) 22:50:47 No.6264 [返信]
野口ひろしさん!!!(◎_◎;)
お久しぶりです。 やっと 治療開始迄 漕ぎ着けましたか!
長い人生を考えますと 治療期間は 短く アッと 言う間に 結願ですね。

ひじき爺さん
ホルモン療法を 頑張ってくださいね。

SANZOKUさん
人間は 自分の力で 生きていると 思っていますが
実は 自然の中で 生かされていると 言われています。
( 人事を尽くして 天命を待つ )  良い言葉ですね!
何事も 考え様で 気持ちが 楽になります。
ここに 集っている方々は 温かく見守っていると思います。ご人徳ですね。
蓮の蕾の上で ひと休みしているのは 雀 ではないか?と 思います。

皆様 どうぞ お大事になさってくださいね。
Re.SANZOKUさん
投稿者:ひじき爺 投稿日:2015/08/14(金) 16:27:39 No.6263 [返信]
さっそくのご返答ありがとうございます。
お答えいたします。
 ※陽子線照射まえのPSA低下は、特に治療なく低下していました。新しい施設でまだ先進医療の認可はなく、民間保険の対象でも
  なく先生もとにかく早くやってみようとの状況でした。一応、自身でもPSA低下の事を言いましたが、ふらつきは想定内だとの
  事でした。
 ※直近のPSA 1月23日0.15  3月20日0.19  4月24日0.21  6月5日0.19  7月17日0.28
  すみません、厳密には連続しての0.2超えではないですね。
 ※ホルモン療法はまだはじめていません。
時間軸グラフの均等間隔は重要ですね。チャレンジします。(笑)
盆明けに、次の先生と診断打ち合わせができる様になっております。とにかく、ほっとしております。
野口さん
投稿者:SANZOKU 投稿日:2015/08/14(金) 15:50:28 No.6262 [返信]
その後如何されたのか気にかかっていましたが、いよいよ治療も決められたのですね。G大にてトリモダリティですか。治療が決まると心が落ち着くというか、もう治った気分かもしれませんね。

病院によって大きく違わないと思いますが、当方の報告も参考になさってください。また治療の様子も知らせてください。G大の情報はこの掲示板では初めてと思います。それではお大事になさってください。
kimimikiさん、toshiko さん
投稿者:SANZOKU 投稿日:2015/08/14(金) 15:25:14 No.6261 [返信]
お二方のように支えてくれる人が居る方が羨ましいです。ですが支えるのもなかなか大変ですね・・・。自分はこの病になって気付いたことがあります。それは自分も遅かれ早かれ死ぬのだということです。実に馬鹿な人間ですね・・・。当初はそれが認められずに呻吟していましたが、正直言って疲れました。最近はそれが当たり前と認められるようになってきて、大分楽になりました。もちろん今でも死にたくはないですよ。

ところで人には如何ともしがたいことが一杯あります。そのことについてあれこれ悩んでも仕方ないと思うのですよ。それは運命と思うしかありません。それよりも運は天に預けておいて、人事を尽くしている方が良いような気がします。今ある自分をありのまま生きると言うのですかね。無理はしなくて良いと思います。納得できる人生を生きられれば最高ではありませんか。どちらかと言うと、そういう方向に舵を切っています。他人の目を憚らずにやりたいことをやるというスタイルです。最近はその奇異な?行動に、とばっちりを受けて迷惑されている方も居られるやもしれません。

そんな具合で患者当人は意外と捌けているかもしれません。まして脇で支えている人やおや?ではないでしょうか・・・。

ちなみにkimimikiさんのアップされた蓮の花に乗っかる小鳥は何という鳥なんですかね。蓮と言い、鳥と言い、実に自然は美しく愛しいものですね・・・。
ひじき爺さん
投稿者:SANZOKU 投稿日:2015/08/14(金) 14:47:23 No.6260 [返信]
お久しぶりです。PSAのグラフ作成されたのですね・・・。これを見るとホルモンが良く効くタイプだということが分かります。ところで時間軸が等間隔になっていないので変化が分かりにくいですね。ネットで調べると等間隔にする方法はすぐ分かりますよ。全ての検査日を表示すると見づらくなるので、1年を12本の補助線で描けばもっと見やすくなりますよ。私の自己紹介のPSAグラフなどを参考になさってください。

ところで陽子線治療の前の谷は何を意味しているのですか? また最後の0.21から0.28への変化は1ヶ月で起こったのですか? だとすると少し急な変化だと思います。現在のPSA値は小さな値ですが、全摘を受けて放射線治療をされているので、何も治療をしてない方に比べると多めに見なければなりません。すでにホルモン療法は開始されているのですか?
SANZOKUさんご無沙汰です。
投稿者:ひじき爺 投稿日:2015/08/14(金) 13:57:31 No.6259 [返信]
祝満願成就・締兜緒ですね。
今後ますますのご活躍、ご貢献をお祈り申し上げます。

近況報告いたします。遠隔転移、周辺再発どちらかはわかりませんが、全摘再発ラインである
0.2を連続して0.21に続き0.28と残念ですが超えてしまう7月18日のPSA診断になりました。

まずは、主治医との現在の相性に自信がないといたしまして、
ひげの父さん、GANBAーSETAさんのご意見、お知恵をいただき転院に
全力投球の状況です。

盆明けにも、治療方法のながれを又、報告できる状況です。

とりあえず、PSAグラフ化できましたので貼り付けます。
陽子線照射量は66グレイです。

暑さが続きますが、お心、御身体に注意なされ元気におすごしくださいませ。

6259

toshikoさん
投稿者:kimimiki 投稿日:2015/08/13(木) 19:15:55 No.6258 [返信]
初めまして  ありがとうございます。
良く 頑張ってきましたね。ご立派だと 思います。
全力で治療をされて 現在 PSA数値は 0.02 と 安定していますね。
IMRT 治療の場合の 安全数値は ( 2.0 ) だそうです。
順調だと思いますので そろそろ 気持ちを楽に持たれますように!
お大事に なさってくださいませね。
みなさまへ色々
投稿者:toshiko 投稿日:2015/08/13(木) 15:56:50 No.6257 [返信]
Tedさん、
私も主人が癌を色濃く疑われてから3回の生検で発見されず、4回目にスーパーハイリスクと言われた時にはフェアじゃない、一体誰にこのやり場のない気持ちをぶつけたらよいのか・・・と思い私の方が落ち込みそうになりました。
奥様が絶対大丈夫!とおっしゃているのはとても良い事の様に思います。
二人してこの事ばかりにとらわれてしまうのも、癌の思うつぼのような・・・
どうぞ毎日楽しく運動なさって、美味しいお酒をたしなんで下さい。

kimimikiさん、
いつも皆様へのお優しい投稿を拝見しております。
ご主人様に不安をお見せにならなかったなんて、素晴らしいですね。
私は気丈でも明るくもないのです・・・
実はとても心配性で気が小さいので恐縮です(笑)
うちは主人がわりと前向きな性格なので、今まで何か困難があっても大体言われたようにしてきたら何とか乗り越えてこられたのですが、今回の告知時にはさすがに参ってしまい、いつもでしたら色々な情報をくまなく調べまくる人が、まるで知りたくないかのように何もせずひどい落ち込みようでした。
そんな訳で私もパソコン苦手・・・などと言っていられなくなった次第です。
この掲示板にたどり着いたとはいえ、皆さんの過去の投稿をさかのぼる余裕もなく、今でしたらもう少し落ち着いてもっと他の治療法なども検討出来たのか・・・等と思う日もありますが・・・。
どうぞこれからも皆さんに思いやり溢れるエールを送って下さい。

ひろ爺さん、
お食事療法を始められたとのこと、癌に限らずお体には良いに違いありません。
美味しく召し上がれる事が一番と思いますので、ご無理のないように続けられますように。
腸の状態を良くしておくことが何より大切のようです、昔から言われている快食、快眠、快便ですね。
胃が弱い方でなければ、豆、海藻、キノコを毎日召し上がると良いようです。
毎日お暑いのでどうぞお大事になさってください。


SANZOKUさん、
GANBA-SETAさんもおっしゃっているように、
危ない橋を結果的に何度も渡り切っていらっしゃるということは、
実はとっても強い運を引き寄せていらっしゃるという証拠なので今回の橋も絶対に大丈夫ですね。
こうしてご自分の経験などを皆さんにシェアして下さっていることで、その強運が益々力を増しているような気がしてなりません。
まだ治療の後遺症などに悩まされる毎日とお察しいたします、どうぞお大事になさってください。

...(続きを読む)
お盆様
投稿者:kimimiki 投稿日:2015/08/13(木) 14:17:55 No.6256 [返信]
皆様に ご先祖様のご加護が あります様に!

6256

監視療法について その2
投稿者:SANZOKU 投稿日:2015/08/13(木) 13:15:52 No.6255 [返信]
Tedさんが図らずも仰っていますが、「おとなしい子と進行の早い悪いがんの違いは何なんでしょう? それくらいの違いを見分けられるようになれないのでしょうか?」。なかなか鋭いご指摘ですね。

現在、癌の悪性度は病期、PSA、GS、陽成率などで区別されていますが、これが万能でないことは、如何なる治療法でも、低リスクで亡くなる方も居れば、高リスクで長生きする方も居られることで分かります。

PSAが4以下であっても、すでに転移している例もちらほらあると聞いています。また以前にも報告したように腺癌が小細胞癌に転化する例もあり、このようなケースでもあまりPSAの変化に表れません。

従って監視療法にもリスクがあるということです。それなら早く治療すればそれらの癌をコントロールできるか分かりません。近藤誠先生が言われるように、癌もどきと癌の違いがあって、癌の場合は初期に治療しても治らないという可能性も否定できません。ですが、それがそのような癌であるか否かさえ分からないのですから、自分は早くから治療した方が有利だと思っています・・・。

いづれにしてもリスクのない治療はないのであって、そのことを念頭に置いて治療を進めなければならないのではと思います。癌の顔付きを正確に見極めるには、遺伝子の解析によらなければならないのでしょう。未だしばらく時間が必要というところでしょうか・・・。
ご無沙汰しております
投稿者:野口ひろし 投稿日:2015/08/13(木) 10:08:31 No.6254 [返信]
昨年5月の健診でPSA4.44、精密検査要と判定されたものの、生検が怖くて放置。ようやく4月にYN病院で生検を受けた結果、GS4+3=7であることが判明。YN病院では小線源は行っていないため、N大学病院にセカンドオピニオンを求めたところ、リスクはあるが小線源単独は可能との判定。リスクがあるのは嫌だなと悩んだ末、S医大へ。O先生判定はトリモダリテイ治療要。ただし、小線源は1年待ち。自宅により近いG大病院N先生を紹介されたが、O先生に継続治療をお願い。当日の血液検査でPSA11と1年間で3倍近くにまで進行していたため、即日ホルモン治療を勧められ、ゾラデックスを腹部注射、カソデックス処方。帰宅後、1年待ちの長さに悩んだ末、ひげの父さんのご意見も頂いて、O先生にG大への紹介をお願い。N先生に受診した結果、11月小線源手術をしていただくこととなり、今月下旬の大腸内視鏡検査待ちの状況にいます。G大では外照射の際、入院不可とのことで、1時間強かけて毎日通院せざるを得ないのが気がかりですが。
危ない橋
投稿者:SANZOKU 投稿日:2015/08/13(木) 07:35:05 No.6253 [返信]
GANBA-SETAさん。尿閉になられた時は焦るとともに、実に心細く感じられたこととお察しいたします。敵が敵だけに大なり小なり伏兵が居ると思って治療に臨んだほうが良いですよね。ともあれお互いここまで来れたことを感謝します。

危ない橋で思い出したのですが、考えてみればこれまで5回くらい危ない橋を渡ってきたような気がします。

1回目は義弟が同病に倒れ、自分も検査を受けたことです。幸い義弟は現在、手術で順調に推移しています。彼が居なかったら、完全に手遅れになってから発見されたでしょう・・・。

2回目はPSA検査をした時です。前年そのお医者さんで大腸内視鏡検査をした時、触診をしており、先生は大丈夫という感触があったのでしょう。本当にやりますかというニュアンスの問いかけがありました。怖いことは先送りしたい何時もの心情が頭を持ち上げ、「そうだよな。自分が癌の訳がないよ!」という悪魔の誘惑が聞こえたのです。それに対して「いや待てよ。ここで都合の良いことを考えるのは、何時もの悪い癖だから」と正気に戻ったのでした。

3回目は地元のT大学病院で癌の宣告を受け、しかも転移があると告げられた時です。頭が真っ白に飛んでいました。仮に転移がないと告げられていたら、藁にもすがりたかった心の弱い自分は、ハイリスクにもかかわらず、根治的全摘手術の美名の下に屈していたことは間違いありません。

4回目はT大学付属病院で二度目の骨シンチを前倒しでやっていただいた時です。放射線技師の方と何気なく会話していました。その方は親切な方で、撮りたての画像をモニタに映し出して、これはそう心配することはないのではないかという私見を述べてくれました。言うまでもなく、この事がその後のS医大での診察に飛躍するきっかけを作ってくれました。

5回目はそのS医大につながる契機です。それが自分の治療先になるとは知らず、私は義弟のため関西でトリモダリティ治療のできる病院を何カ所かひげの父さんから伺っていたのです。その後はO先生、K先生の巨大な引力に吸い寄せられ、ここに報告している通りの経過を辿るのです。

こう考えてくると、くわばらくわばら。結構危ない橋渡っているやん・・・。この治療に巡り会えたことは奇跡に近いという感慨が込み上げてくるのです。多くの皆さんに感謝です。
SANZOKU さん
投稿者:GANBA-SETA 投稿日:2015/08/12(水) 23:56:24 No.6252 [返信]
投稿のトーンが良好になってきましたね。
かなり体調が戻ってこられたようで、良かったですね。

それにしても、またまた尿路結石の伏兵がいたようですね。
しかしながら、SANZOKUさんには、試練を乗り越える力と強運をお持ちのようですので、
危機一髪の時は、DNAを通じて、
ご先祖様のご加護があることは、間違いないので、安心ですね。

当方も、外部照射時は閉尿状態気味で、最初の2週間で中断の危機も感じましたが、
O先生から、「ここで中断すると必ず再発するので、頑張ってください」と励まされながら、
入院中も外来扱いで親切で適切な治療とフォローいただき、
なんとか結願した経緯がありますので、SANZOKUさんの心情は良く分かります。

この時は、同じ病院で外照射を受けて大正解と思いましたね。

当方も、ハイリスクの前立腺がん確定までの経緯から、結願までを振り返りますと、
危ない橋を渡って来たように思いますが、
ご先祖様から頂いたDNAで、乗り越えさせていただいたと、感謝しています。

「感謝」は、「不安」の特効薬と最近気づきました。
これもご先祖様のお導きか・・・・!!!???。  デス。


監視療法について
投稿者:SANZOKU 投稿日:2015/08/12(水) 22:23:53 No.6251 [返信]
監視療法の慧眼については言うまでもありません。ただ監視と言っても生検を時々やる必要があるなら、小線源治療を受けた方が良いかもしれません。経験上、小線源治療は生検に毛が生えた程度の身体的負担で受けられるからです。もちろん被爆の問題や後遺症をどう受け止めるかという問題はありますが・・・。

小線源治療は性機能、生殖機能に大きな影響を与えるので、その点は充分考慮する必要があります。また治療を受ける病院も慎重に選ぶ必要があります。2次癌の可能性もないとは言えませんが、ほとんど無いようです。

手術は尿漏れリスクが大きいし、性機能、生殖機能への影響が大きいので監視療法を切り上げるメリットはないように思います。

ひろ爺さん
投稿者:kimimiki 投稿日:2015/08/12(水) 16:33:39 No.6250 [返信]
ありがとうございます。
肝っ玉母さんの京塚 昌子さん! 懐かしい~~~ですね!
私は 彼女の現役時代よりも ずっと 歳上で ひょろひょろ って 感じです。

食事療法は 最善の方法だと思います。その他にも
努力されている様ですから がん様は「 恐れ入りました!」と
おとなしくしてくれるかも しれませんね。
期待しましょう!
bighiroさん
投稿者:Yoshee 投稿日:2015/08/12(水) 14:34:37 No.6249 [返信]
約120km、3時間のドライブお疲れ様です。
S玉病院もとても評判の良い病院だと思います。
ところで、通院についてはいろいろ考えましたが、私のような後期高齢者は無理があると思い入院することにしました。
入院は週4泊、自宅には3泊で金曜日の昼食から月曜朝食まで自宅です。半分は自宅にいる感じです。たまには入院生活も過ごし方次第で有意義ですが、病院ではアルコールが飲めませんね。今後ともよろしくお願い致します。
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote 改 -