ホーム トピック アルバム 留意事項 検索 管理
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File

暗証キー (英数字8文字以内)(あとで修正・削除する場合は要入力)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
移行領域と辺縁領域について
投稿者: 投稿日:2022/02/10(木) 16:04:26 No.13088 [返信]
こんにちは、天です
ご存じの方がいらっしゃったら、教えてください

主として移行領域に癌がある場合、辺縁領域に癌がある場合、治療の違い(手術or放射線)で効果に差が生じるのでしょうか
また、移行領域にある癌、辺縁領域にある癌に特徴の違いはあるのでしょうか
たこ焼き息子さん
投稿者:kimimiki 投稿日:2022/02/10(木) 14:24:48 No.13087 [返信]
直ぐにセカンドオピニオンを
受ける様にお勧めします。
父の前立腺がんについて
投稿者:たこ焼き息子 投稿日:2022/02/10(木) 12:44:29 No.13086 [返信]
みなさん初めまして、実は去年12/25日に72歳の父が足の浮腫を訴えて病院で検査した所癌の疑いありとの診断を受けました。
12/29に生検、PSA検査を行った所PSA945、グリーソンスコア9と言われホルモン療法しか無く
10年生きるのは厳しく4~5年だと言われ大変衝撃を受けました。骨シンチ、造影CTの結果
骨、臓器への転移は無いがリンパ節、傍大動脈リンパへの転移が認められました。1/7に上記の確定診断を受けザイティガのみ当日から服用した所リンパ浮腫は5日ほどで消失しました。
1/17からリュープリン6ヶ月間隔の投与も始まりましたが、やはり腫瘍が小さくなっても手術、放射線治療での寛解は望めないのでしょうか?何もしてあげられなくて私自身も精神的な病にかかってしまいました。
セカンドオピニオンを取るべきなのかも判断出来ません。よろしければご教授下さい
beat0217さんへ
投稿者:BM 投稿日:2022/02/07(月) 21:57:22 No.13085 [返信]
以前お世話になった事があるBMです。少し前にbeat0217さんの不安なご様子が伺える書き込みを拝見しつつ、心配しておりました。
とにかく良かったですね。
よかったですね
投稿者:けん 投稿日:2022/02/07(月) 18:14:06 No.13084 [返信]
beat0217さん

一安心ですね。
PSAの桁数は小数点以下二桁で足りる気はします。
PSAは前立腺由来以外からも生成されるようなので、あまり細かく追うのもいかがなものかと思います。
beat0217さん 
投稿者:Ted 投稿日:2022/02/07(月) 17:39:10 No.13083 [返信]
(^^♪
参考まで
投稿者:beat0217 投稿日:2022/02/06(日) 22:25:52 No.13082 [返信]
以前、前立腺全摘出後、PSAが思ったように下がらず、相談させていただきました。
私と同様に術後思ったように、PSAが下がらず、不安になる方もおられると思い、
PSAの経過をアップさせていただきます。

2021/11/2(両側神経温存):手術
2021/11/22:血液検査(PSA0.37)
2021/12/6:健康診断(PSA0.040)
2022/1/24:血液検査(PSA0.00)

以上、術後20日でPSAがあまりさがっておらす、すごく不安な日を過ごしていました。
しかし、術後約3月で、上記のように検出限界より下がりました。
なお、私の主治医は、PSAは小数点3桁は意味がないので、見ていないとのことでした。
この点は、どうかな?ともおもっておりますが…
ノモグラム について 追記
投稿者: 投稿日:2022/01/24(月) 11:17:32 Home No.13081 [返信]
私がはじめてメモリアルスローンケタリングがんセンターの予測ツールをしったのは『最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC  内分泌4 前立腺がん』最新医学社を病院の図書館で2014年に閲覧したときです。
改訂版がでたことをしり、東京都立中央図書館に本があることより、近くの画廊の展覧会をみるついでに図書館にいき、閲覧しました。
そのことを掲示板に投稿しました。
https://sen-you.boy.jp/bbs/main/?res=4548

MSKCCの予測ツールの"Prediction Tools: Disclaimer" にはこう書かれています。

「MSKCCのウェブサイトにある予測ツールは、予後ノモグラムとも呼ばれ、一般的な健康情報のみを対象としています。

MSKCCは、予測ツールに含まれるまたは参照されるいかなる情報の正確性、完全性、適時性、比較性または論争性、有用性に関して、いかなる明示または黙示の保証も行いません。」

米国における訴訟リスクを回避する文だと思います。
MSKCCのツールは「10,000人を超える前立腺がん患者のデータ」に基づくものです。

Partin Tables のツールのページの表題は以下のとおりです。

Prediction of Pathologic Stage Based on Clinical Stage, Serum PSA, and Biopsy Gleason Score: Partin Tables in the Contemporary Era

DeepL翻訳
臨床病期、血清PSA、生検グリソンスコアに基づく病理学的病期の予測。現代におけるPartin Tables

対象患者数に関しては次の文。
「本サイトでは、2010年1月から2015年10月までにジョンズ・ホプキンスで根治的前立腺摘除術を受けた4459人の患者さんに基づく、私たちの最新の知見をご紹介しています。」

私のデータをいれてみます。

結果
被膜内限局がん[OC: organ confined]の可能性:58%
被膜外浸潤がん[EPE: extraprostatic extension]の可能性:36%
精嚢湿潤の可能性[SV+: seminal vesicle involvement]の可能性:4%
リンパ節転移[LN+: lymph node involvement]:2%
...(続きを読む)

ノモグラム
投稿者: 投稿日:2022/01/21(金) 18:18:23 Home No.13080 [返信]
コバトンさんが「パーティン・ノモグラム」という言葉を投稿で使われていました。

パーティン・ノモグラムについてネット上で公開されているツールについて私のブログで紹介しています。
http://inves.seesaa.net/article/448296240.html

ただ、対象患者数、頻繁に更新されていることから私は掲示板ではMSKCCのノモグラム、ツールをいままで何回か紹介しています。
http://inves.seesaa.net/article/432322495.html


なお、ノモグラムに関しては「前立腺癌診療ガイドライン 2016年版」のP.66を参照してください。以下のように書かれています。

「CQ3 前立腺癌ノモグラムは有用か?

推奨グレードB ノモグラムはエビデンスに基づいた現在最も正確な予測ツールであり,前立腺癌診療においても使用が推奨される。」

ブログでは結構丁寧に説明していますので、だれでも簡単に使用できるかと思いますが、天さんが掲示板に書かれた以下の値をツールにいれてみます。

年齢:50
PSA:18
GS(primary):3
GS(secondary):3
病期:T2a
生検陽性本数:1
生検陰性本数:11

病期はT2としか書かれていませんでしたが、「PSAが高めですが、それ以外は、低リスクの要件を満足」と書かれていますので、T2aとみなしました。

結果
被膜内限局がんの可能性:67%
被膜外浸潤がんの可能性:25%
リンパ節転移の可能性:2%
...(続きを読む)

羊毛さん ありがとうございます
投稿者: 投稿日:2022/01/21(金) 14:09:54 No.13079 [返信]
羊毛さん

回答、ありがとうございます
肺に2mmの影があって、『前立腺からの転移もゼロではない、現時点では経過観察するしかない』と医師に言われています
肺の転移について、検査方法がないかと思って、質問させていただきました
医師からは、PSAやMRIなどの画像、生研の結果から、肺の腫瘍は良性だろうと言われていますが、ゼロではない、と言われると、心配しても仕方がないですが、心配になります
よくあることとは言っても、癌が同時に2つ見つかって、転移している可能性も有るなんて、頭の中がぐちゃぐちゃです
ありがとうございました
前立腺がんとPET
投稿者:羊毛 投稿日:2022/01/21(金) 13:25:03 No.13078 [返信]
PETは放射性のブドウ糖のようなものを体に入れて、その放射線を測定する検査ですが、
前立腺がんは「ブドウ糖をあまり消費しないがん」ということになり、PETには向いていないようです。

浜松PET診断センター
https://www.hmp.or.jp/examination/about/
兵庫医科大PETセンター
https://www.hosp.hyo-med.ac.jp/petcenter/attention.html

前立腺がんは骨に転移しやすいという特徴があるので、骨シンチが一般的ですよね。
けんさん コバトンさん
投稿者: 投稿日:2022/01/21(金) 11:12:06 No.13077 [返信]
けんさん コバトンさん

回答、ありがとうございます
大変参考になります
今後とも、よろしくお願いいたします
手術とホルモン治療、ノモグラム
投稿者:コバトン 投稿日:2022/01/21(金) 08:22:58 No.13076 [返信]
〉天さん

 もし、前立腺の体積が50ccを超えているようでしたら、お奨めの治療方法をお知らせしようと思っていました。医師からは軽度との説明のようですので、肥大に関してはあまり気にすることはないのでしょう。

以下、天さんの質問に関し列記します。

① 摘出手術とホルモン治療

  偶然ですが、私のことをブログに最近書きました。参考にしてください。
http://bluekobaton.seesaa.net/article/485128690.html

② 臨床検査結果(針生検や画像)と病理検査結果(取り出した前立腺を検査)

  いろいろな方のブログを見ての印象ですが、病理検査結果の方がグリソンスコアが悪くなっていたり、癌が進んでいたりすることが多い印象です。
  「前立腺癌*パーティン・ノモグラム」で検索してください。

 ③PETは分かりません。PETのメーカには行ったことはありますが・・・。
全摘手術とホルモン治療
投稿者:けん 投稿日:2022/01/20(木) 19:06:30 No.13075 [返信]
天さん

昔は全摘手術でもホルモン治療を行っていたようですが、ホルモン治療の意義が薄いということで、併用しない流れになっています。
しかし、最近では高リスクの症例にホルモン治療を前置する考え方もあるようです。
https://www.ims-itabashi.jp/about/davinci.html
コバトンさんへの回答と皆さんへの質問です  
投稿者: 投稿日:2022/01/20(木) 18:07:59 No.13074 [返信]
コバトンさん
説明を受けたときのメモに、
前立腺 4.5cm×3.5cm 軽度の腫大
と書いています
正式には肥大ではなく腫大、と説明を受けています
体積(CCやml)での説明はありません

初歩的な質問で申し訳ないのですが
?放射線治療を行う場合、ホルモン治療後、癌を小さくして、行うと聞いていますが、切除の場合も同様にがんを小さくして切除するほうが予後が良いような気がするのですが、その選択を行わないのは、大きなデメリットがあるのでしょうか
?グリソンスコアは、切除後の病理検査で大きく変わることのほうが多いのでしょうか
また、MRIの画像は万能でない、と医師から説明されましたが、画像を見ながら受けた説明と癌を取り出した時の状況が大きく変わることはよくあることでしょうか
?母が肺がんを患っていて、全身の転移の有無の検査にPETCTを撮影しましたが、前立腺から他の臓器に転移した癌の場合でも、PETCTで撮影すれば、転移の有無が分かるのでしょうか

以上、回答を頂けるなら、よろしくお願いします
前立腺の体積
投稿者:コバトン 投稿日:2022/01/20(木) 13:46:16 Home No.13073 [返信]
天さんへ

> 若干の、肥大もあるそうです(4.5*3.5)

 数値の意味が理解できません。体積、例えばccとかmLの単位で分かりませんでしょうか?
 小生は重症の肥大(略100cc)と癌で治療を受けたものです。PSAは19.7でした。

トリモダニティ
投稿者:キタムラヒロシ 投稿日:2022/01/19(水) 16:57:26 No.13072 [返信]
小線源療法の後の外部照射の放射線の種別につき、陽子線または重粒子線による放射線治療になるのでしょうか。
なるほど
投稿者:羊毛 投稿日:2022/01/19(水) 13:53:12 No.13071 [返信]
50歳、若いですね。まあ私も51歳で見つかったわけですけど。

腎がんについては分からないので余計なことは言わないでおきます。
ただ、2つ以上の別々のがんが同時に見つかる重複がんと言われるものは、一般的にいってそれほど珍しいものではない、というのを何かで読んだことがあります。腎がんも初期で見つけることができてラッキーだった、と前向きに考えることもできるのではないかと思います。

前立腺がんについて、私としては「小線源もいいですよ」と自分の受けた治療を勧めたくなるのが人情ですが、これは人それぞれ。
最終的には天さんが自分で決めることだと思います。
ただ、小線源は単独であれば通常4日の入院ですむので、多少遠い病院でも選択肢に入れていいのかな、とも思います。
まあこれは摘出手術でも同じことが言えるのですが。
天です 追加です
投稿者: 投稿日:2022/01/18(火) 23:44:48 No.13070 [返信]
すみません
先ほど書いたように私は50歳です、私の地域では50歳になると、PSAの検査について補助金が出ます、その補助金を利用して今回初めてPSAの検査をしました
それと、最初に受診した泌尿器科の開業医からは、MRIの結果から移行域に1.5cmのがんの疑いがあると言われました
大学病院の主治医からは、手術または放射線で治療しても効果は同じで、非再発率は80~90%と言われています、
前立腺癌については、治療の効果は同じだから、尿疾患やED、治療期間など、それぞれのメリットデメリットを考え、あなたにあった治療方法を決めるように言われています
私の状況は以上です
皆さんの意見が聞けるようであれば、教えてください
回答できるだけの情報が不足しているのであれば言って下さい
どうぞ、よろしくお願いします
羊毛 さん ありがとうございます
投稿者: 投稿日:2022/01/18(火) 22:26:29 No.13069 [返信]
羊毛 さん ありがとうございます
実は、転移について、今日、骨シンチ、CTの結果を聞きに行きました
主治医からは、転移はない、ただし、腎臓に2cmの超早期がんがある
ことが判明した、前立腺がん、腎がん、どちらを優先して治療するか、
今夕のカンファレンスで決める、明後日、治療方針を伝えます、とのことでした
また、肺にも2mmの影がある、これは小さすぎて、良悪性の判断が現時点で付かないため、定期的なCT撮影による経過観察とします、とのことでした
腎がんについては、部分切除で完治できます、とのことでした
前立腺については、12本中1本ヒットです、そのヒットした1本の5%でがんが確認されました
主治医の先生も、PSA(18)からすると、腫瘍の範囲はもっと大きいと想定している、とおっしゃっています、若干の、肥大もあるそうです(4.5*3.5)、私は地方に住んでいますので、大学病院で受診しても、前立腺がんの治療の選択は、切除(ダビンチ)または一般的な放射線になります
私の年齢は50歳です
みなさんの知識に対して私は知識不足ですので、掲示板を拝見すると不安になったことを質問するのが億劫になりますが、失礼にならないようにしますので、どうぞ、今後とも、よろしくお願いします
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote 改 -